2005年07月10日

報酬を求め、再びスイスへ

もう一度スイスへ飛ぼう
これで当たっていれば二度と日本に帰ってこないだろう
そう、きっと当たっているさ
とうとう是下に報酬を払わせることができる
これですべて終わる
posted by sakakura at 23:00 | 日記

2005年07月09日

銀行のサイトを洗い直し

もう一度、家電量販店を回ってみた
可能性の範囲を広げて、徹底的に絨毯爆撃すれば他に見つかるかもしれない
もしかしたら、前の番号は是下の用意したトラップかも知れない

300組ぐらい試したところで、とうとう正解らしい組合せにあたった
これにかけてみよう
posted by sakakura at 22:50 | 日記

2005年07月08日

フェイクには騙されない

久しぶりに自分のアパートを見に行った
レターがきていた
差出人は知らない名前だ
僕は足早にアパートを後にした

レターには、

うそなどついていない
知っているのはこの前の番号だけ
鍵など知らない
もう二度と現れるな


信じていいのだろうか
posted by sakakura at 23:00 | 日記

2005年07月07日

得るところのない一日

近松は朝まで待ってもあらわれなかった
郵便箱もこの数日触った様子がなく、ビラの類がぞんざいに差し込まれている
近松は逃げてしまったのだろうか

いないものはしかたない
少しばかりの仮眠をとった後、しおを待ち伏せることにした

しおが家から出てきたところに声をかけた
しかし、しおは
 「警察を呼ぶわよ」
といって逃げてしまった
妙に強気なところが気になる
posted by sakakura at 22:50 | 日記

2005年07月06日

ダメなのだろうか

昨日は収穫がなかった
でも今日はゲンのいい日だ、近松はきっとうまくいく
どうやら文字化けも直ったようだし

近松の職業から考えて、深夜だろう
このブログを書き終えたら待ち伏せに出よう
posted by sakakura at 21:20 | 日記

2005年07月05日

注意して、会ってみるしかない

雲隠れして一人で考え込んでも前に進めないようだ
こうなったら、3人に会ってみようと思う

まず、赤木だ
小学校から出てきたところを待ち伏せた
僕は事前に子供たちに、どれが赤木かを聞いていた

赤木が校門を出てくるところを近づくと、
「…、なに見てんのよ
 私に近づくんじゃない」
と恫喝されてしまった
なぜ、僕だとわかったのか?

是下から聞いていたとおりの女だ
僕は思わず立ちすくみ、何もできなかった
posted by sakakura at 23:40 | 日記

2005年07月04日

バイト先に断りの手紙

それどこ???なく?????

それに、金がある???????雲隠れ???うがよい
??????????そう
posted by sakakura at 23:40 | 日記

2005年07月03日

あぶなくなってきた

???わからず、文字化??????

家賃を振り???

知恵も???????た
??につけられ????????部屋の明か?????????
???引きこ????
posted by sakakura at 22:40 | 日記

2005年07月02日

残念だ、たいやきが食べられなかった

あれ、文字化けしてしまったようだ

口座から?????????はできな???

も????????の情????????
自分で????????
??閉じこ??????????そう
posted by sakakura at 22:50 | 日記

2005年06月30日

やった!あの鍵をみつけたぞ

これで高飛びだ
警察が気づくころには僕は身を隠しているさ
早速アルバイトのキャンセルをした
後はスイスに飛んで、扉を鍵で開ければいい

是下と女に使われて5年、ようやく強盗の片棒を担いだ報酬を得ることができる
女が誰かは分からないが、もうどうでもいいことだ
奴らにいいように使われ、何の見返りもなく5年も待たされてきたのだ

このブログが僕の保険と書いたことがあったが、念のため、もうひとつリスクヘッジしておくか
保険を3つかければ何かあっても本望さ
そう最後のレターの前に謎を解く鍵があるのだ


組合せをここに書いておけば何かがあったとき、警察がかたきを??????????という意味を持つのかも????
共犯者が??????????ならば?????????のうるさい????????
むしろ、二人目のほ??????が正しい理?????????
posted by sakakura at 18:00 | 日記

2005年06月29日

ザビエルの寝床???

是下から手紙が来た

また遊びにきてくれよ
君の興味のあることをこれまで随分話してきたじゃないか
たまには僕の趣味の話も付き合ってくれよ

刑事や看守の監視がいやなのだろうが、趣味の話をするのに心配は要らないだろう
それに、君にとって損にはならない話だよ
待ってるよ


もう、僕は是下を訪ねるつもりはない
どうせ、あいつは鍵を教えてはくれない
是下の趣味や性格から僕が解くしかないんだ

銀行のログインというのは、間違ったパスワードを入れると、3回でそのPCからのアクセスをブロックしてしまうらしい
ならば、ありとあらゆる可能性を無数のPCで試してみればいいわけだ
100台なら300回トライできることになる

僕はネットカフェを回ることにした
渋谷駅の近くにある「ザビエルの寝床」というネットカフェに出かけた
でも、ネットカフェでは使えるPCはたかが知れている
しかも、ザビエルはインターネット・バンキングを禁止しているらしく、僕がログイン画面を開いたとたんに店員が飛んできた
ネットカフェでは回数を稼げない

そこで家電量販店に出かけることにした
ネット接続しているPCの展示品で片っ端からトライした
これは絶大の効果だった
3店舗ほど回ったが、軽く500回はトライできただろう
しかし、ヒットはしなかった

僕はあらかじめ可能性のある順列組合せをリストにしておいた
あと200回弱でこのリストは消化できる
僕の推理が正しければ、明日にはヒットするだろう
posted by sakakura at 22:40 | 日記

2005年06月28日

訳が分からぬ展開に…

朝一番で現金書留が来た
現金が50万も入っている
ありがたくもらっておこう

でも、紙切れも入っている

ABA – 98474284
鍵など知らない


僕はトイレでレターを燃やした
いったい、昨日の手紙と今日の手紙、どっちが本当なんだ

授業には出ないが、アルバイトには行った
心ここにあらずだったが、とにかく月謝をもらう日だった

急いで家に帰ると、ネットでZPBやABAが何なのかを調べることにした
 ZPBというのはズーリク・プライベート・バンクという銀行かもしれない
 ABAは、あまりにもありふれた略称で、何のことか特定できない

仕方なく、ZPBに国際電話してみた
英語はほとんど話せないため会話にならなかったのだが、私が、「テレフォン・フロム・ジャパン」と言うと、なんと日本人オペレータが電話口に出た
僕は口座開設を希望しているとウソをついて、どうやったら金が引き出せるかを聞き出した
 オンライン取引が可能で、ログイン・ページがあること
 高額の引き出しの場合、銀行内での手続きも発生するため、2日かかること
僕は2日もかかるのかと不満を述べたが、オペレータは「スイスの法律に従った取り扱いであり、他の銀行も同じです」という

よし、たいやきはもうすぐだ
オンライン取引があるのは好都合だ
足がつきにくい
僕の口座に送金をして、金を引き出し次第、高飛びすればいいことだ

教えてもらったログイン・ページを見ると、案の定、パスワードが必要だった
ZPBにしろABAにしろ、鍵が要る
posted by sakakura at 22:40 | 日記

2005年06月27日

ビクトリーに大きく近づいた

僕は当分の間、予備校に行くのをやめることにした
今は、勉強のため5科目の授業を受けている
試験は4科目を受ける予定だった
通う予備校は、最初に授業料を払ってしまえば、何年でも追加の授業料は要らないシステムなのだ
まあ、教材費はかかるけど

ここが勝負どころだ
今年の試験を見送っても、最善を尽くしたい

まず、いやなことから記録しよう
海老江がやってきたこと
海老江は3人のことをずっとマークしていたらしい
その3人、朝津、そして僕が何か動いている
それを嗅ぎつけてきた

この男は記事を書きたいのか、金を横取りしたいのか
いかにも狡猾そうな男だ
こちらからリークできる情報でもあれば、バーターで情報がとれるのだろうが、まさかレターのことを言うわけにもいかない
何か分かったら連絡すると言って、ようやく追い返した

さあ、Vサインを出そう
今日、手紙が来た
いや、中には何も入っていなかった
差出人は知らない名前だ

封筒を破いてみると、裏側に

ZPB - CO4284


とだけ書かれていた
ようやく扉を見つけたぞ
僕はトイレでレターを燃やした
posted by sakakura at 17:30 | 日記

2005年06月26日

運は分からないものだ

今日はゲンのいい日のはずだった
しかし、朝から最悪の展開

昨日の滝に続いて、今日は朝津が脅しにやってきた
この女は口が多い
次から次へと、訳の分からないことをまくし立てる

こんなことは初めてだが、2人で2時間口論していたのに、僕が発言をしたのは1分もなかったんじゃないか
僕は
「自分は関係ない
 何も知らない」」
としかいいようがないじゃないか

せっかくの日曜日が台無しだ、と思っていたら、午後にチャイムがまた鳴った
書留だった
ずいぶん分厚い手紙で、やわらかい
差出人は是下厚になっているが、宛名の筆跡が明らかに違う

僕は張り込みが近くにいないことを確認すると、部屋に入り電気を消した
共犯者からの返信かも知れない
開けてみると、現金20万円と紙切れが入っていた
偽装のためか、充填材でくるんであった

わたしは無関係だ
二度と連絡するな
またやれば、こちらも警察に駆け込む


どう考えればいいだろう
本当に共犯者ではないのか、それとも言い逃れか
まあ、おいおい突き止めてやる
僕はトイレでレターを燃やした

20万は助かる
家賃が3か月しのげるが、家賃に回すのはやめておこう
スイスへの飛行機代が要るかもしれないからな
posted by sakakura at 22:50 | 日記

2005年06月25日

大切な土曜というのに

朝の8時半にチャイムが鳴った
めったに僕のアパートに来客などない

ドアを開けてみると、看守の滝周治だった
なぜ、僕の住所がわかったんだ?
ああそうか、面会申請で住所も書くし、是下が僕に出す手紙もこの老人がチェックをしているんだった

彼は部屋には入ろうとしなかったが、玄関に入るとドアを閉めた
「私はあと1年で嘱託も終わり、年金生活に入ります
 私は是下さんは嫌いではない
 でも、私が居眠りしていたと思ったら大間違いです」

いつにない険しい目だ
「あなたが何をしようとしているかは、私には関係ない
 でもね、そうだとしても、この老人を哀れんでください
 それを今日、私は伝えたくて来ました」

数分間、僕たちは睨み合った
滝は黙って帰っていった

いったい何だったのだろう
脅迫なのか
あるいは、滝が共犯の1人なのか
いや、それは出来すぎだ
posted by sakakura at 16:30 | 日記

2005年06月24日

さあこれで手は打てた

近松にレターを書いた

近松友子様

拝啓 突然のお手紙をお許しください
私は某所に収容されているある方とお話を続けているものです
昔話や、近松様が高級料亭にお勤めのこと、フリンジ・ベネフィットが少なくないことも伺っています
その方は、近松様の近況を心配されており、私もいろいろ具体的なことを相談されています

そこでご提案ですが、鍵を教えていただけないでしょうか
あるいは、鍵をお持ちでなければ、扉の所在だけでもいいのです
よろしくご協力ください

                 敬具
平成17年6月24日
         東京都目黒区○○ 1−5−4−101
                      坂倉俊行


念のため、御茶ノ水の人ごみにあるポストに投函しておいた
今日もつけられているかもしれないのだから

ひさしぶりに落ち着いた気持ちで「固定資産税」の授業を受けることができた
そう、僕が打てる手はすべて打った
あとは、共犯者の反応を待つだけだ

家庭教師をしているときに、思い出し笑いをしていたようで、生徒に笑われてしまった
とても朗らかな一日だった

いや、家に帰ってから急に不安になってきた
本当に共犯者はあの3人の中にいるのか?
だいたい、男の共犯者は?
誰か他にも可能性があるんじゃないだろうか
posted by sakakura at 23:00 | 日記

2005年06月23日

楽はそうはつづかない

まだレターの返事は来ないが、是下がここまで話してくれるならスピードアップしよう
思い立って、朝一番に是下に会いに行った
しかし、思わぬ事態が起こった
朝津が張り込みをしていたのだ

それに気づいたのは刑務所で面会申請をしているときだ
朝津が僕の背後に立っていたのだ
僕をつけていたのだろう

僕が面会室へ行こうとすると、朝津は付いてこようとした
職員が止めに入ったので、僕はスタスタと部屋へ向かった
後ろで朝津が押し問答をしているのが聞こえた

面会室につくと、今日も滝がすでに眠りに落ちそうな様子だった
僕は、「近松は好きかい?」と単刀直入に切り出した
とその時、朝津が部屋に入ってきた
滝は飛び上がらんばかりに驚き、目を丸くしていた
朝津の後ろでドアを閉めようとしている看守が、滝に目配せをしていた

今日は、朝津と滝の監視下で話さなければいけない
よくよく気をつけなければ

「近松の世話ものでなんだったかな
 芸子になりたくてなれない下働きの話があったよな
 うさを晴らすために
  お客の財布からいくらか抜いたり
  上客の密談を瓦版に売ったり
 する話だよ
 なんていう話だったかな」

是下は頭のいい男だ
僕は、「僕も思い出せないよ」と話を合わせた
是下は、
「まあ、結局は裏の顔をもつ札差の金に手をつけ、殺されちゃうんだったよね
 たしか、男が蔵の鍵をわたしたんだったっけね」

「俺なら鍵はわたさないね」
是下が笑いながら言った

滝は緊張した面持ちで話を聞いていた
今日は、話の内容を尋ねられることもなかった
朝津は完全に疑いの目だ
予備校に行くときもつけられているような気がした
当分、歩き回るのはやめた方がいいかもしれない

ああ、今年は「所得税法」はあきらめよう
こんな状態じゃ、とても無理だ

家に帰ると、是下からのレターが来ていた
日付を見ると、21日になっている
前回の面会後に書いたものらしい

僕の話に君が喜んでくれているようで安心したよ

最近、浄瑠璃なんてのも風情があるな、なんて思うようになったよ
ここに長くいて、ずいぶん変わったものだと思う
外にいるときには、見に行ったことも、本を読んだこともなかったのにね
君は興味あるかい
興味があれば、是非また会いに来てくれよな

posted by sakakura at 16:10 | 日記

2005年06月22日

クイズならちがう反応もあるのかな?

早速、赤木にレターを書いた

赤木沙耶様

拝啓 突然のお手紙をお許しください
私は某所に収容されているある方とお話を続けているものです
昔話や、赤木様が小学校の教員をされていること、読書がご趣味であることも伺っています
その方は、赤木様の近況を心配されており、私もいろいろ具体的なことを相談されています

そこでご提案ですが、クイズにお答えいただけませんでしょうか
鍵とは何なのでしょうか
あるいは、鍵をお持ちでなければ、扉の所在だけでもいいのです
よろしくご協力ください

                 敬具
平成17年6月22日
         東京都目黒区○○ 1−5−4−101
                      坂倉俊行


午後は「消費税法・酒税法」の授業だが、もうほとんど頭に入っていない
家庭教師のアルバイトも上の空、とにかくこの子に自習させるしかない
月謝がもらえるのは来週だから、なんとか形だけはつけないと
posted by sakakura at 21:20 | 日記

2005年06月21日

ペースはまたこちらに近づいている

今日も「簿記論」だから、あまり負担のない日だ

朝から是下に面会に行った
僕は、朝津に詰問されたことを伝えた

是下は朝津を知っていた、  というか、是下を逮捕したのが朝津だったらしい
笑いながら、「俺も随分つきまとわれたよ」と言った
是下は朝津に反撃するために、作戦を練っていたらしい

朝津の両親はたちの悪い新興宗教にひっかかって、財産を身ぐるみはがれていた
そのため、ひどく経済的に困窮しており、是下はこれをネタにしようとした
しかし、時すでに遅く…

是下は海老江の話もしだした
前回の面談で、僕がしおの名前に反応しなかったのを見て、僕がどこからか情報を手に入れたことに感づいたようだった
なぜ、是下は朝津や海老江の話をするのだろう
僕がかぎまわっていることに対して、クギをさそうということだろうか

と、滝がいびきを始めた
是下は嬉しそうに笑った
「今日は、ゆっくり話ができそうだね」
僕は滝の方を振り向いた
演技とは思えない眠りっぷりだ

是下は滝と親しいようだ
滝は仕事の手が空くと、是下の独房の前で趣味の盆栽の話をしていくらしい
是下は盆栽に興味はないが、独房で暮らす退屈しのぎにはなるという

「滝は一人息子がいるんだけどね、息子夫婦が借金漬けなんだよ
 孫がひき逃げに遭ってね、治療費が必要だったらしいんだ
 当座しのぎにサラ金から少額を借りたらしいんだが、どんどん金利が膨らんでね
 ヤミ金にまで手をだしてしまったらしい
 滝のところに相談に来たときは手遅れだったってさ

 俺も、ずいぶん皮肉を言われたよ
 『1千万でもいいからあれば』だってさ」

すでに15分は過ぎていたが、滝はまだ寝ている

僕は赤の話を切り出した
是下はにやりと笑うと話し出した

赤木は結婚願望の強い女だという
一方で、小学校教師の仕事に愛着もあるし、なにしろ気が強くて結婚する相手でもないらしい
是下は滝の方を確認した上で言った
「あの女は、万引き癖があるんだ」
ああ、面会に来てよかった

「でも、鍵はわたしたことはないけどね」
是下が笑いながら言った

滝のメモは真っ白なままだ
肩を叩くと、滝は驚いたように目を覚ました
「何の話をしましたか」と尋ねるので、「昔のフィアンセの話」とだけ答えて刑務所を後にした
posted by sakakura at 19:50 | 日記

2005年06月20日

面白くなりそうだ

今日はいい日だった
まず、授業は比較的得意な「財務諸表論」
授業を聞きながらでも、大いに物思いにふけることができた

加えて、是下からまたレターが来た

どうだい、この前の話は面白かったかい
君が喜んでくれたなら嬉しいよ

あまり長々は書かないけど、最近、昔のことをよく思い出すんだ
思い出す度に赤面するんだけどね
興味があれば、是非また会いに来てくれよな


消し印をみると、金曜日になっている
是下も孤独なんだな

いい日だった
昼も夜も、マクドナルドの100円バーガーがことのほか美味しかった
posted by sakakura at 21:50 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。